履歴書の写真を安く、簡単に撮る方法

履歴書などの写真を撮るとき

駅前などにある、証明写真機を使うことがありますが、

あれって結構高いですよね。

たかだか写真に800円とか、

結構もったいないなーって思ってしまいます。

 

セブンイレブンやファミリマートなど、コンビニエンスストア

「コンビニ証明写真」といってスマホで撮った写真を

200円で証明写真にできますが、

もっと安く作成することができます。

 

今は履歴書用のスマホアプリがたくさんあります。

 

 履歴書カメラ 

f:id:kimmy_7:20200521162556j:plain

iPhone版
Android版

 

コンビニ証明写真

f:id:kimmy_7:20200521162548j:plain

iPhone版
Android版

 

証明写真-履歴書とパスポート写真の制作

f:id:kimmy_7:20200521163429j:plain

iPhone版

 

アプリで写真を撮り、コンビニのネットプリント

写真をL版で現像すれば30円ですみます。

 

アプリでは、それぞれ履歴書用やパスポート用など

サイズを選択できるので用途によってサイズを選び

写真をとるだけです。

写真の加工もでき、背景を選択したり、美肌加工もできるのです。

 

ネットプリントは慣れないとよくわからないかもしれませんが、

機械の通りに手順を行っていけば簡単です。

スマホ1台あれば可能ですし、USBも必要ありません。

 

その際は、ネットプリント用アプリを

ダウンロードしましょう。

 

かんたんネットプリント

f:id:kimmy_7:20200521163903p:plain

iPhone版
Android版

 

ファミマ フォトアプリ

f:id:kimmy_7:20200521164831j:plain

iPhone版
Android版

 

 簡単に、とっても安く履歴書の写真が撮れますので

是非お試しください。

 

p>

派遣社員と正社員の違い

派遣社員から、正社員になって変わったこと。

 

あくまで個人的な感想、私の場合です。

仕事の内容や会社、環境によっても、人それぞれ意見は違ってくると思います。

 

まずは給料・社会保障が変わりました。

これに関しては、正社員の方が良いと思います。

やはり国民年金よりは、厚生年金の方がもらえる金額も多いですし。

その他、保証や、手当などがあると思います。

これは会社によって違うと思いますが。

 

あと大きく違うのは、仕事での「責任」「責任感」かなと思います。

もちろん派遣社員でも責任を強くもって働くのが当然のことでありますが、

派遣社員が働いているのは、あくまで派遣先であって、

所属しているのは派遣会社です。

仕事の内容も、重たく責任を伴う仕事よりは、

誰かのサポートや、作業系の仕事のほうが多かったです。

正直、会社の経営方針、将来性、売り上げなどには関与することも、関心もなく、

合わなかったら、派遣会社にほかの会社を紹介してもらおうという気持ちが

少なからずありました。

仕事の範囲も、派遣会社に守られているという感じがあります。

トラブルなどがあっても、派遣会社の担当者を通じて話が行われたりしますし

すべてが会社との直接的なやりとりではなく、派遣会社を通じたやり取りとなります。

不満があれば、派遣会社の担当者が、派遣先の会社と話してくれます。

 

また、全体会議などに参加することは基本的にありませんでした。

(会社によって違うのかはわかりませんが。)

内容によってちょっとしたミーティングなどは参加することはありますが、

それでも正社員とのときとは、ミーティングの数は違うでしょう。

 

これも会社の社風によると思いますが、

多少なりとも正社員と派遣社員には、隔たりみたいなものはある気がします。

正社員の人には、少し気を使ってしまうというか。。

少し肩身がせまい、低姿勢な感じは、私にはありました。

あとは、会社の歓迎会や送別会など、

行かないことにも抵抗がありません。

正社員だと、付き合いで行かなきゃなぁという気持ちがあります。

 

これも会社や仕事内容、その人の性格によると思いますが、

定時に帰ることに抵抗がなく、時間になればぴったり帰ります。

残業はなるべくしない方針が歓迎されておりました。

 

そんなところでしょうか。

私は内向的な性格もあり、とにかくミーティングというものや、

全体会議が嫌いでしたので、

派遣社員の方が気楽でよいなぁと、よく思ってしまったりします。

どちらがよいとは、一概には言えないと思います。

 

社員になってよかったことは

給料がよくなったことと、世間体というところでしょうか。

でも、これは自分にとって、とても大きなことでした。

会社でも世間的にも肩身のせまい感じは少なくなり、

1人前の人間になれた気がします。

なにより婚活のときに、堂々とできる感じがありました。

 

働き方は人それぞれ、どんな働き方があってもよいと思います。

こんな時代になり、テレワークだって十分に仕事はできるし、

副業だっていろいろできるし、

楽しいと思えたり、満足できたり、成長できたり、

ストレスなく、自分に合った働き方が一番だと思います。

 

 

生きてるだけでお金はかかる

仕事をやめ無職の時期が1年ほどありました。

無職になってからは、お金のことがまず心配です。

ただ生きているだけでもお金がかかります。

 

 

 

ハローワークで手続きをし、失業手当が給付されました。

会社都合での契約終了となったので、給付は1か月後からでした。

失業手当というものは、とても大きいですから

しっかりともらった方がよいです。

 

実家ぐらしなので生活はできておりますが、

メンタルがやられます。

それでも住む家と食べるものがあることに感謝

 

 

 

失業手当給付金  152,226円  

 

月々払わなければいけない税金等

 

国民年金 16,490円 

国民健康保険   14,100円

市民税  12,000円  (2ヶ月に1回)

 

家に入れているお金 32,000円

 

合計 74,590円

 

その他、携帯代や交通費、

どうしても必要なお金はたくさん出てきます。

 

正社員になりました

 

一度は辞めた派遣社員でした。

派遣社員なんて嫌だし、自分はもっと稼げる、今の世の中自由にお金を稼ぐ方法はいくらでもあるんだって思っていましたし、無謀にも独立しようなんて考えていました。

とにかく辞めたかったんです。

とにかくもう、そのときは辞めることしか頭になくて、いっぱいいっぱいで、これ以上働けないって本当に思っていたんです。

もうそれ以外考えられないってくらい、追い詰められてしまった気持ちになって。

いざ辞めてみたら、寝てばっかりの、何も行動を起こせない日々でした。

 

それでも、毎朝同じ時間に起きて電車に乗り、月曜から金曜まで働く日々と離れることができてとても幸せでした。

何時に起きてもいい、誰の顔色も伺わず、やることがない日々は私にとって穏やで幸せな日々となりました。

たまに友達に会い、ご飯を食べる。

ゆっくりお風呂に入る。

近所を散歩する。

ただただテレビを見る。

そんなのんびりした日常、これが私の幸せだって本当にそんな風に思っていました。

 

やっと少し元気になれた。

そう感じることができました。

辞めてよかったって本当に思いました。

もしかして頑張ったそのあとに、大きな何かを得ることができたのかもしれない、けれど、今はやっと元気になれたって気がして、存分に遊んだりできて幸せでした。

 

そんな日々は半年を過ぎたあたりから少しずつ変わってきました。

不安の日々です。

収入がないこと、これからのこと、将来どうなるか、何の能力もない自分に何が待っているのか、不安に押し潰されそうな日々です。この先に大きな幸せや、チャンスは巡ってこないだろうなと思います。

 

色々悩んだ結果、私は派遣社員として働いていた会社に復帰させていただけることになりました。自分から連絡しました。

こんな自分を受け入れてくれて本当によい会社だと感謝しています。恩返ししなければという気持ちはあります。

 

けれど本当は、それが自分にとって幸せな道なのかはわかりません。

やっぱり仕事はストレスだし、毎朝起きるのも大変だし、協調性の乏しい自分にとって、会社に属することはとても苦痛です。

 

どの道を選択しても、不安になったり、心配になったり、なかなか行動に移せず、何も変わっていないんです。

自分の心の持ちよう、考え方を変えない限り、この繰り返しを、ずっと続けていくんだなぁと思います。

 

けれど、自分を受け入れてくれてくれる場所があること、それはとてもありがたいものです。

派遣社員でも仕事をがんばることは何の無駄にもならないですし、自分が望めば社員になることも可能です。望むか望まないか、自分次第なんですね。

 

独身 非正規アラフォーの現実

以下は2016年8月の日経の記事からの引用です。

 

 

「独身の非正規アラフォー」はここにきて増加傾向にある。総務省労働力調査によると、35~44歳の独身女性で、雇用されて働く労働者は2015年に190万人。そのうち非正規で働く人は79万人で、41%が非正規で働いていることになる。

15年の国勢調査(抽出速報)によると、女性の35~39歳と40~44歳の未婚率はそれぞれ23%と19%。05年の調査より、それぞれ5ポイントと7ポイント上昇した。男性の雇用も不安定になるなかで、結婚して専業主婦になる道も狭くなった。独身のまま働き続けるアラフォーが増えた。05年時点では27%だった。

 

独身非正規アラフォーの生活は厳しい。横浜市男女共同参画推進協会がインターネットを通じて35~54歳の約260人を対象に昨年調査したところ、35~44歳の独身非正規の女性の7割近くが年収250万円以下だった。非正規で働く理由は「正社員として働ける仕事がなかったから」が約6割でトップ。特に35~39歳では回答者の約6割が大卒以上にもかかわらず、約7割が初めて就いた仕事が非正規で当時の採用環境の厳しさが浮き彫りになった。

という内容です。

実際、私の周りでも、

アラフォーの非正規はとても多いです。

しかも、それで独身って本当に肩身がせまいんですよね。

それだけの理由で、精神的に病むのは十分なくらいです。

 

以下は同じ記事の引用ですが、社会的背景もとても関係しているのです。

この世代独自の影響もある。バブル崩壊後、企業が新卒採用を急速に絞った就職氷河期世代にあたる。特に採用環境が厳しかった1993~2005年ごろに社会に出た。 

女性はそのあおりを強く受けた。35~44歳の男性で雇用されて働く労働者は15年で728万人いる。そのうち非正規は71万人で、9%にすぎない。労働政策研究・研修機構の高橋康二研究員は「主に女性が就いていた事務職などが、バブル崩壊後どんどん非正規に置き換わっていった。急な時代変化のなかでキャリア形成がうまくできなかった女性が多い」と指摘する。

 

社会のせいにしてはいけないのですが、

実際こういった世の中だったのです。

短大を卒業して、20代半ばぐらいで結婚して、

30代では子供を2人ぐらい出産して、、、

そう、思っていました。

それが当然に訪れるものだと思っていました。

 

独身非正規アラフォーの生活は厳しい。横浜市男女共同参画推進協会がインターネットを通じて35~54歳の約260人を対象に昨年調査したところ、35~44歳の独身非正規の女性の7割近くが年収250万円以下だった。非正規で働く理由は「正社員として働ける仕事がなかったから」が約6割でトップ。特に35~39歳では回答者の約6割が大卒以上にもかかわらず、約7割が初めて就いた仕事が非正規で当時の採用環境の厳しさが浮き彫りになった。

 

納得してしまう内容です。

とはいえ、現実を見据えなければなりません。

健康を害するぐらいなら、社会のせいにして

恥をさらしていく覚悟で、正々堂々生きていきましょう。

 

 

フリマアプリでお小遣い稼ぎ

収入も少ないし、無謀にも今の職場を辞める気満載なので、お金は少しでもある方が良いと、フリマアプリで商品を売ったりしております。

 

仕事の合間でやっていた程度なので、お小遣い程度です。

一番売れやすいのはメルカリです。

手数料10%と高いですが、一番早く売れます。

 

メルカリの振込履歴

2/24  32,045円

1/13  35,555円

12/9  11,375円

11/28  24,630円

11/07  21,385円

10/07  12,340円

そのあとはちょっと間が空いておりますので割愛します。(ポイントを使って購入などもしていますので正確な売上ではないです。あくまで振込履歴となります。)

 

 

他のアプリはフリルを使っています。

フリルは手数料がないので、フリルで売れると嬉しいです。10%というのはかなり大きいです。  フリルでは主にいらない洋服を売っていました。着ない服は売ってしまった方がスッキリします。

 

1/29  17870円

11/12   18765 円

 

少なくはありますが、仕事の合間にできて、少しでもお金が入ってくるのはありがたいことです。

あと10倍は売り上げたいところですが。

 

主に家にあるいらないものを売っておりましたが、海外のサイトで仕入れて販売というのもやっておりました。

 

メルカリでよく売れている商品で、同じものが海外のネットショップにセール品で売っていたので、仕入れては販売しておりました。

ジャンルでいうとアパレルで、ナップサックのようなものです。封筒に入れて送るだけなので梱包も楽でしたし、通勤中にポスト投函すればよかったので、そんなに手間はかかりません。

この商品は結構売れました。

 

調子に乗ってリュックなども仕入れてみましたが、梱包も面倒だし、送料もかかるので、大きいものは、あまり良くないと思いました。

あとで知ったことですが、17777円以上だと関税がかかり、3500円ほど別途請求されました。

実際売りにくく、価格を下げて売ったため、結果マイナスでした。

 

このサイトでは、送料無料だと商品が届くまでに2週間ぐらいかります。

速達にすると4~5日で届きますが、2300円ぐらい送料がかかってしまいます。なので売上の状況次第で変えていました。

 

お客さんがいるのに商品がないというのは、もったいないです。かといって在庫を抱えすぎるのもリスクがあるので、1度に大量に仕入れることもしませんでした。

 

結果的に全部売り切りましたが、流行みたいなものもあるので、早く売りきって正解だと思いました。他より安く売っているつもりの商品が、あるとき他のサイト(Amazon楽天などで)もっと安く売っているケースがあります。

それでも売れないことはないのですが、やはり売りにくくなります。

 

しかしセール品も在庫をつき、また新たな商品を探すのが一番大変です。

メルカリは無在庫販売禁止ですし。

 

 

他にも、Amazonマーケットプレイスヤフオクなどもやっていますが、主流はメルカリ、フリルです。

売れなさそうだなぁ、こんなの買う人いるかなと思っても売れたりしますので、試しに出品してみることをオススメします。

 

この間も、フルートやボディボードなど、完全に使わなくなったもので、どうしようと思っていたものですが、売れました。そのポイントで新しいスマホを買ってしまいましたが、、笑

 

写真によって売れ行きは変わってきますので、写真のセンスは必要だと思います。

あとは【面倒くさい】に負けないことです。

誰も連絡くれないと嘆いているぐらいなら、断捨離ついでに出品してみてはどうでしょうか。メルカリから通知が来ますよ。

 

 

38歳で独女 派遣社員のリアル

こんな歳まで独身だとはまさか思ってなかった。。。

 

こんな歳で貧困層になるとは思ってもみなかった。。。

 

もしかしたら、こう思われる方は少なからずいらっしゃるのかもしれません。私もその一人です。

 

未だ結婚を諦められず、キャリアウーマンというわけでもなく、たいした学歴も経歴もない。。。

全てを中途半端にしてしまった。。

全てはあとの祭りです。

 

数々のチャンスはあったものの、それをものにできなかった、結果を出せなかった、どうこう言ってもそれが事実であり、人からの判断基準となるのです。

 

がんばっても過去は取り戻せないので、嘆いてる暇があるのなら、これからどうするべきかに焦点をあて行動するべきです。

とはいえ、時には悲観的になるし、心も折れるし、グチでも言わないとやってられません(笑)

 

 

 

かくいう私は、20代をキャバ嬢No.1として稼いでおりました。良くも悪くもこのころの経験が、今の私を形作っていると思います。

金銭感覚も、人を見る目も、社会を見る目も麻痺していました。

 

当時2つ下の彼が経営者で、ずっと一緒に暮らしており、30歳ぐらいには結婚するだろうと信じて疑わない日々でした。そのころの私には彼が全てだったのです。ホントに。 

色んなことが起こり、経済的に満たされた日々でも、穏便な日々でもありませんでしたが、今思うと幸せでした。

しかし29歳で別れを決意し(27歳ぐらいで水商売卒業してます)、6年間の付き合いに終止符を打ちました。知り合って10年の彼でした。

彼のいない生活は本当に考えられないと思っていたし、実際いなくなって毎日のように泣いていました。

パニック障害にもなり、円形脱毛症にもなりました。

33歳のときには婚約破棄も経験し(違う人ですが)、鬱々とした日々を過ごしたこともあります。器が小さかったと感じております。

 

 それでも、何か自分でやりたいという思いが強く、職を探すというよりは、何をして稼ぐかを模索する日々でした。

 

人脈作りという名の遊びにかまけ、キャバ嬢で培ったコミュ能力で、人脈はみるみる広がりました。たくさんのすごい景色を見て、すごい話をききました。億を稼ぐ人たちとの付き合いに、わくわくしました。元自分のお客さんとも縁を切ったりはしませんでした。信頼関係はできていたので。

 

しかし、実力の伴わない出会いは、結果知りあいでしかありませんでした。出会った方々は人格者ですから相談には乗ってくれますが、百戦錬磨の経営者に私の薄っぺらさは、見抜かれていたのでしょう。

 

何かしら、目に見えるような形を作り、残さなければならなかったのに、何一つ結果を出せなかったのです。人一倍の努力をしなかったのです。年齢を重ねてからの仕事は、結果ありきです。

 

当時の私は正直、楽をして稼ぎたかった、早く結果を出したかった。それが出来ると思っていたのです。そんな簡単なわけはないのです。

 

あらゆることに手を出し、全てが中途半端でした。web制作会社、かき氷屋、チケット屋、オークション出店、アフィリエイトせどり株式投資、FX、ちょっとやっては次から次へと、何一つ継続できませんでした。

失敗の根源です。継続しなければ何も叶わないのに。継続と努力こそが成功への近道なのだと痛感しました。

 

 

現在の貯金  400万円

話の流れからいって、少ないですね。

投資に使ったのと、投資で失敗したのが原因です。

 

お金と気力に限界を感じた私は、36歳ではじめて、派遣会社に登録しました。運良く仕事はすぐに決まりました。

約2年間で200万を貯め、そこから再出発したいと考えているのです。

このまま今の仕事を続けていては、一生食べていけるだけのお金を稼げないという気持ちもありますし、未だにあきらめきれない気持ちがあるのです。

 

何をやるかも決めていません。

こんな年齢で、こんな甘ったれの性格で、見通しの甘い私に、メンタルの弱い私に、何ができるのかと思います。気力も体力も落ちましたし、思考も鈍ってきたと感じます。性格も以前より暗くなりました(笑)

 

それでも、独身38歳、彼氏なし、まともな職歴もない社会不適合者がいること。(←私のことです)

現実をわきまえずにチャレンジしようとする、不毛なイタイ38歳がいること。(←私のことです)

それが、誰かの励みになればよいなと本当に思います。底辺を支えます(笑)

 あまり共感は得られないかもしれませんが、アラフォー独身女性(男性でも、独身でなくとも)今の自分に納得のいっていない方の味方でありたいです。こんなダメな人もいて安心したという存在になれたらありがたいです。

 

最後に

 

私は親不孝ものかもしれません。そのことに関しては心が痛いです。 せっかく短大まで行かせてくれた両親。教育にはお金を使ってくれました。それが、結婚もせずにこんな風に育つとは思っていなかったでしょう。そう思うと社員になればという考えもよぎります。

けれどせっかく、いただいた人生をとにかく残念な形では終わらせたくないのです。