正社員になりました

一度は辞めた派遣社員でした。

派遣社員なんて嫌だし、自分はもっと稼げる、今の世の中自由にお金を稼ぐ方法はいくらでもあるんだって思っていましたし、無謀にも独立しようなんて考えていました。

とにかく辞めたかったんです。

とにかくもう、そのときは辞めることしか頭になくて、いっぱいいっぱいで、これ以上働けないって本当に思っていたんです。

もうそれ以外考えられないってくらい、追い詰められてしまった気持ちになって。

いざ辞めてみたら、寝てばっかりの、何も行動を起こせない日々でした。

 

それでも、毎朝同じ時間に起きて電車に乗り、月曜から金曜まで働く日々と離れることができてとても幸せでした。

何時に起きてもいい、誰の顔色も伺わず、やることがない日々は私にとって穏やで幸せな日々となりました。

たまに友達に会い、ご飯を食べる。

ゆっくりお風呂に入る。

近所を散歩する。

ただただテレビを見る。

そんなのんびりした日常、これが私の幸せだって本当にそんな風に思っていました。

 

やっと少し元気になれた。

そう感じることができました。

辞めてよかったって本当に思いました。

もしかして頑張ったそのあとに、大きな何かを得ることができたのかもしれない、けれど、今はやっと元気になれたって気がして、存分に遊んだりできて幸せでした。

 

そんな日々は半年を過ぎたあたりから少しずつ変わってきました。

不安の日々です。

収入がないこと、これからのこと、将来どうなるか、何の能力もない自分に何が待っているのか、不安に押し潰されそうな日々です。この先に大きな幸せや、チャンスは巡ってこないだろうなと思います。

 

色々悩んだ結果、私は派遣社員として働いていた会社に復帰させていただけることになりました。自分から連絡しました。

こんな自分を受け入れてくれて本当によい会社だと感謝しています。恩返ししなければという気持ちはあります。

 

けれど本当は、それが自分にとって幸せな道なのかはわかりません。

やっぱり仕事はストレスだし、毎朝起きるのも大変だし、協調性の乏しい自分にとって、会社に属することはとても苦痛です。

 

どの道を選択しても、不安になったり、心配になったり、なかなか行動に移せず、何も変わっていないんです。

自分の心の持ちよう、考え方を変えない限り、この繰り返しを、ずっと続けていくんだなぁと思います。

 

けれど、自分を受け入れてくれてくれる場所があること、それはとてもありがたいものです。

派遣社員でも仕事をがんばることは何の無駄にもならないですし、自分が望めば社員になることも可能です。望むか望まないか、自分次第なんですね。